一年の豊凶を占う 田名八幡宮神事「的祭」が開催される

一年の豊凶を占う神事 相模原市無形民俗文化財の「的祭(まとまち」が田名八幡宮で1月6日(日)に行われた。的祭の起源は古く「鎮守祭礼人数帳」によると源頼朝の頃からとされている。

今年の当番地区は清水自治会で、射手は両親が健在で、前年に不幸がなかった家の父親と三歳から五歳までの長男四組。射手は弓矢を父親に支えてもらい一の矢(天下泰平)、二の矢(地域の安全)、三の矢(地域住民の幸せ)を四回ずつ射ります。

当日はくじ引きで弓矢を射る順番を決めて弓矢を授け、本殿参拝後に的場にて直径1.8メートルの的に向かって合計12本の射た弓矢の結果で一年の豊凶を占います。

今年一年は、射た矢12本が全部命中する最良の結果「天下泰平 いさかいのない年 作柄は豊作」となった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です