一年の豊凶を占う伝統行事

  田名八幡宮の神事「的 祭」が開催

 今年一年の豊凶を占う神事「的祭(まとまち)」が田名八幡宮で1月6日(月)に行われた。的祭の起源は、地域の伝承によると源頼朝公の鎌倉時代ともいわれている。
 今年の当番地区は滝自治会で、射手は八幡宮の氏子で両親が健在で前年に不幸がなかった家の父親と3歳から5歳までの長男4組が一の矢(天下泰平)、二の矢(地域の安全)、三の矢(地域住民の幸福)を3回の奉射(びしゃ ※1)を行います。
 当日は神前において弓を射る順番をくじ引きで決め弓矢を授け、本殿参拝後に的場に向かい直径1.8メートルの的に向かい12本の矢の当たった結果で今年一年の豊凶を占います。今年は、9本が命中し「作柄は豊年満作、明るく楽しい、天下泰平で平和への道が開ける年」となった。
※1奉射(びしゃ)関東地方東部で主に年頭に行われていた悪魔を払い豊作を祈る行事。弓で奉射的と呼ばれる大的を射て、当たった矢数でその年の天候や作物の出来具合を占った。(参考=ことばサーチ)
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です