「泳げ鯉のぼり相模川」の終了について(お知らせ)

 ゴールデンウィークの期間中、千匹を超える鯉のぼりが五月の爽やかな風を受けて相模川の上空を群泳し、市内外の多くの皆様から親しまれてきました「泳げ鯉のぼり相模川」は、昨年の開催をもって終了し、令和2年度以降開催しないことが実行委員会で決定されました。
 終了に至った理由と経過として「鯉のぼりを等間隔で揚げるための資機材の老朽化」「河川敷の形状等の経年変化により同じ場所での運営が困難」、「実行委員の高齢化と新たな担い手の減少」などの課題を踏まえ、平成30年度から実行委員会役員会で今後の開催について検討が重ねられて参りました。
 さらに、昨年の台風19号(令和元年東日本台風)による増水で河川敷きの様相が一変(川幅の拡大、河川敷の縮小、大きな石の残存等)し、復旧作業が必要なことも終了決定に追い打ちをかけました。
 この催しは、昭和63年から令和元年までの三つの時代を群泳し、未来を担う子どもたちの健やかな成長を願い、人と人との出会いとふれあいの場を提供するとともに、子どもたちに夢や思い出を与え、相模川を通じて人びとに新たな文化の創造に寄与することができたことと思います。
 この行事の終了をお知らせするとともに「泳げ鯉のぼり相模川」に取り組んでいただいた実行委員会、協賛者の皆様、全国から鯉のぼりを寄贈された皆様、鯉のぼりの補修、揚げ及び下げ作業などに携わっていただいた皆様、そしてこの行事に携われた全ての皆様に心よりお礼を申し上げます。。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です